日本伝統文芸研究所(笑)


by easyhiker

幾 本 の は し ご 要 り し や 高 き 天

もう冬の句の季節に入りましたけど、先ほど小学1年の次女が
「パパ、お空に届くにはハシゴ何本くらい要るの?」などと
ヒジョーにブンガク的なことをぬかしたので、
を!それいただき..........とて詠めり。

そのあと、「お空のない国ってあるの?」とまたヒジョーに面白い、
よゐ質問も出て、父子の夕餉は「お空」談義に終始。

なんでお空は空色なのかな?(父)

だんだん紺色になって、もっと真っ黒になって、お月様が出てきた時に
自分が目立ちたいから、お月様がお空をそーゆー色に変えてるんじゃない?(次女)

お空が緑色とかピンクとかだったらどんなかな?(父)

きれい!(次女)

........ちなみに、父親はなんか妙な薬を服用したりしていたわけではありません。

【追記】師匠のお手本
い わ し 雲 梯 子 つ な い で 訪 ね け り

[PR]
by easyhiker | 2005-11-08 21:30 | 俳句(○)