日本伝統文芸研究所(笑)


by easyhiker

藁 塚 の 公 園 に 立 つ 多 摩 の 夕

東京の外れのこの辺りでも、市街地を離れれば見られないことはないけれど、藁塚なんて農村風景をほとんど見なくなった。
そんな事情もあり、小学校の社会科?(or いわゆる総合学習?)の授業で、近場の農家に協力してもらって、稲刈りや脱穀を体験させてもらうプログラムがあったようだ。
「もうご飯粒を残さない」という子がけっこういたらしい。
実際に体験するのが大事。
[PR]
by easyhiker | 2007-11-07 11:26 | 俳句(○)