日本伝統文芸研究所(笑)


by easyhiker

<   2005年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

.......手の甲にできたアカギレ、舐めたくなりませんでしたか?
冬になると唇がカサついて、舐めたくなりますが、あれ舐めると余計に切れやすくなるんだそうです。やはりリップクリームとニベアですね。
[PR]
by easyhiker | 2005-11-29 15:16 | 駄句(×)
.......こんな二人は今、どうしてるのか。

【教訓】動詞が続くとクドくなる。
添削:焼 芋 を 吹 き つ つ ふ た り 校 舎 裏

[PR]
by easyhiker | 2005-11-24 19:51 | 俳句(○)
小学校で「縄跳び週間」みたいなものが始まったようだ。
次女が練習に燃えている。
「縄跳びの縄が真ん中から切れちゃったから、新しいの買って〜」

最近は大縄跳びでロープ2本使ってやるのがあるらしい。
HipHop系の音楽に合わせてけっこうアクロバティックなこともやるようだ。
[PR]
by easyhiker | 2005-11-20 17:19 | △(さんか句)
冬の句を考えるのはカラダによくない気がする(爆)。
考えてると寒くなり、寒くなるとじっとしていたくなる。
じっとしていると益々寒い.......
というスパイラルにはまって行きそうなココロを詠めり。

※元は、「着 ぶ く れ て ま ん じ り も せ ず ゐ た り け り」でした。
が、この句のキモチの元に「漠然とした不安感」のようなものがある気がして変更。
「まんじりともしない」が正しい日本語だと思いますが、
こういう省略はやはり邪道なのでせうか........
[PR]
by easyhiker | 2005-11-16 00:56 | △(さんか句)
e0074819_13283517.jpg
昨日は次女の七五三の祝いの会があった。
しかし本人はこういう服を着るのが大嫌い。
お祝いなんかより外で走り回って遊びたい、のココロ。e0074819_0303681.jpg
[PR]
by easyhiker | 2005-11-14 13:28 | 俳句(○)
師走に入る前から「どうするどうする甘納豆」状態のワタシ。
無性に神社に詣でたい。柏手を打って瞬間トランスしたい。
.......でも、今月は神無月。
神さん達は出雲におわすから、お呼びだてするのも恐縮にて。

【註】添削を受け改訂

元の句:神 無 月 と り い 横 目 に 通 り 過 ぐ
[PR]
by easyhiker | 2005-11-11 21:42 | 俳句(○)
........ベタかなぁ、と思いつつ。
うちにいつも石油を配達してくれる石油屋さん、
その名も「ペチカ商事」なんだけど、
ペチカの歌を流しながらやってくるのです。
[PR]
by easyhiker | 2005-11-10 12:47 | 俳句(○)
もう冬の句の季節に入りましたけど、先ほど小学1年の次女が
「パパ、お空に届くにはハシゴ何本くらい要るの?」などと
ヒジョーにブンガク的なことをぬかしたので、
を!それいただき..........とて詠めり。

そのあと、「お空のない国ってあるの?」とまたヒジョーに面白い、
よゐ質問も出て、父子の夕餉は「お空」談義に終始。

なんでお空は空色なのかな?(父)

だんだん紺色になって、もっと真っ黒になって、お月様が出てきた時に
自分が目立ちたいから、お月様がお空をそーゆー色に変えてるんじゃない?(次女)

お空が緑色とかピンクとかだったらどんなかな?(父)

きれい!(次女)

........ちなみに、父親はなんか妙な薬を服用したりしていたわけではありません。

【追記】師匠のお手本
い わ し 雲 梯 子 つ な い で 訪 ね け り

[PR]
by easyhiker | 2005-11-08 21:30 | 俳句(○)
.......寒いのは嫌い。というより極端に弱い。
気持ちが縮こまってイカンので、あまり我慢せず早めに暖房。
ハワイに移住したい。
そろそろ「秋」の句はオシマイでせうか。
[PR]
by easyhiker | 2005-11-06 19:38 | △(さんか句)
家族はワタシを除いて全員行楽に出かけてしまっった。
小生だけ家に籠って仕事なのだ。
.......なんじゃこりゃ〜〜〜っ(by松田優作)。
のココロを詠めり。

はじめの句:晴 天 に 家 し づ ま り て 文 化 の 日
.......から添削を受け改新。
e0074819_1254057.jpg
写真は本文とはほとんど関係ありません。
[PR]
by easyhiker | 2005-11-03 12:07 | 俳句(○)