日本伝統文芸研究所(笑)


by easyhiker

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

馬子にも衣装、もとい猿にも衣装.......てな意味合いはなきにしもあらず。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-29 22:42 | 俳句(○)
......突然、家の中に蟻が大量発生。それに驚いたのかデカいゴキも出現。
蟻は「コンバット:アリ用」、ゴキは「ゴキパオ」にて誅殺。
夏だねぇ。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-27 22:42 | 俳句(○)
......ミミズの世界には男も女もない、らしい。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-25 21:56 | 俳句(○)
ありません?.........。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-21 20:16 | 俳句(○)
......まんまでなんか面白くないなぁ。
最近自分でも後退しているのがわかる。
けど、師匠のお休みのせいにはしたくない。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-15 12:58 | △(さんか句)
どくだみ:十薬とも書くらしい。
植えたわけでもないのに、どえらく繁殖している。
葉を乾かして煎じて飲むと、案外悪くない。
元祖デトックス。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-11 10:54 | 俳句(○)
雰囲気的には梅雨ですが、2日ほど前の気持ちのよゐ日に詠めり。

「あ!電車だ。なんで電車止まってるの〜?」
「駅だから」
「なんで駅に止まるの〜?」
「駅で止まんないとみんな乗れないから」
「なんでみんな乗るの〜?」
「お仕事行くから」
「なんでお仕事いくの〜?」
「ママやパパがお仕事行かないと
○○ちゃんのご飯買えないし、そしたら○○ちゃんも
おなか減って困るでしょ」

ふう.......なんでなの攻撃休止。
本人の身体感覚に結びつけるのが落としどころである。
[PR]
by easyhiker | 2006-06-09 09:32 | 俳句(○)
「花腐し」という小説に、じめじめした古い安アパートでマジックマッシュルームを育てている男が出てくる。
それで「サルマタケ」とかいうキノコを連想したのだった。
元の句:六 月 の 六 尺 ふ ど し 乾 か ざ り

[PR]
by easyhiker | 2006-06-01 22:50 | 俳句(○)